【爆売り!】 5TFG GERMANO【ジェルマーノ】ツープリーツパンツ 3915 ホワイト コーデュロイ ストレッチ コットン 092 スラックス size:44

パソコンで「おはなしします」を漢字変換すると、

Vornado EVDC500 Energy Smart Evaporative Humidifier with Automatic Shut-off, 2 Gallon Capacity, LED Display 並行輸入品

「お話します」

の2種類が出てきます。

どちらが正しいのでしょうか?

正解は「お話しします」です。

「お話しします」は、「お○○します」という謙譲語の形です。

「○○」には、動詞の場合は連用形が入ります。

【例 】 渡す→「お渡しします」

「話す」の活用は、

未然形 → 話さ(ナイ)

連用形 →  話し(マス)

終止形  →  話す

連体形  →  話す(トキ)

仮定形  →  話せ(バ)

命令形 →  話せ

「話す」の連用形は「話し」です。

だから、

「お○○します」の「○○」に「話し」を当てはめると、

「お話しします」

となります。

しかし、

まとめ売り TANOSEE キャップが外しやすい蛍光ペン ツイン 黄×10本 ×10セット 生活用品 インテリア 雑貨 文具 オフィス用品 ペン 万[▲][TP]

という「送り仮名の付け方」の通則があって、その例示として「話」が挙げられています。

つまり、名詞としての「ハナシ」は「話」と書く、ということです。

常用漢字表でも

・話

・昔話

・立ち話

・土産話

・楽しい話

などの名詞形の語には、送り仮名を付けていません

この例には「話」の他に、「卸」「煙」「志」「次」「隣」「富」「恥」「光」「舞」があります。

また、

・話を聞く

・話の途中

など、格助詞の前につくときは、送り仮名を付けていません

KTC ケーテーシー ソケット レンチセット 9.5mm 3 8インチ TB312X

ですから、

「おはなしをする」は「お話をする」

「おはなしする」は「お話しする」

となります。

・話し合い

・話し中

などの複合語には「し」が付きます。

 【「話し」を使う例】

・お話しする

・話し方

・話し合い

・話し声

・話し相手

・話し上手

・話し手

【「話」を使う例】

・話を聞く

・話をする

ルビンローザ Rubin Rosa ネックレス RB-PS-3192

・世間話

・作り話

・話は変わって

・話が分かる

「立ち話」や「話し相手」などの複合語は、

上に付くときは「話し○○」、下に付くときは、「○○話」4994808090027 ハセガワ 高機能PC角セイロ用平蓋 39cm用

(Visited 28,535 times, 84 visits today)

「お話しします」と「お話します」の正しい送り仮名の使い方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す 【MICHAEL KORS】美脚5.7cm 厚底アンクルブーツ Channing

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です